千里中央発の花咲かそ!1,000FLOWERS LIFE

千里中央発の花咲かそ!1,000FLOWERS LIFE千里中央発の花咲かそ!1,000FLOWERS LIFE

http://1000flowers.jp/wp/wp-content/uploads/2015/09/main_img2.jpg

ひと

科学実験教室 サイエンスラボ

大西貴文 さん


子どもたちの探究心をくすぐる、ドキドキとワクワクがつまった科学実験教室

「なぜ?」から「なるほど!」の実体験が、
21世紀で活躍する子どもたちを育てる

このエントリーをはてなブックマークに追加

科学実験を通して、子どもたちの探究心を育てる教室「サイエンスラボ」。全国的にも珍しい、科学実験に特化した子どもの学び場です。
「ここでは、実験を通して“何でだろう?”と疑問に思うことから始まります。自分で“チャレンジ”し、“自分なりの答えを出す”ということがとても大切。最近では、学校で科学実験をすることも減ってきていますからね…。座学だけだと“実体験”がない分、疑問を持ったり答えを発見できる機会がなく、科学の面白さに気がつきにくいんです」。
サイエンスラボが大切にしていることは、“諦めずに何度もチャレンジすること”だそう。「失敗したときにこそ、学びのチャンスがあります。“なぜ失敗したのだろう?”と考えることで科学的思考力が育ちます。ノーベル賞を受賞するような研究者たちは、みんな“失敗から学ぶ天才”だと思います。何事にも諦めず、チャレンジする精神を養っていきたいと思います」。

img_photo01

科学は友達!楽しさの先に学びがある

科学の実験というと、なんだか難しいイメージ。元素記号や理論的な考えが必要になるのでは…とついつい思ってしまうもの。
「難しく考えなくても大丈夫ですよ(笑)。サイエンスラボでは、まず科学と友達になるところから始めます」。冷蔵庫にくっつく磁石や、自由に伸び縮みする輪ゴム。私たちには“当たり前”なものですが、子どもたちにとっては“不思議だな”と感じるような学びがたくさんあります。科学はいつも身近にあって、“気がつけば科学が大好きになっていた”というのが理想ですね」。

「一人ひとりの可能性を広げたい。将来の世界を支える人材育成に、やりがいを感じています。」

情熱を持って、生徒一人ひとりと接している大西さん。「実験が上手くいかなかったり、分からなくて困っている生徒とは積極的にコミュニケーションをとっています。科学の答えには色んなパターンがありますから、導き方にもバリエーションがあっていいと思うんですよね。求めている結果が出なかったときは、子どもの考えを活かしながら一緒に考えるんです。そうすることで思考の柔軟性が生まれ、科学以外のところでも機転がきくようになるのではないかな、と思っています」。
キラキラとした顔で、実験に打ち込む子どもたち。ここから、未来の科学者が生まれる日も遠くないのではないでしょうか。

img_photo02

MAP

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://1000flowers.jp/wp/wp-content/uploads/2015/09/people_img_pc1.jpghttp://1000flowers.jp/wp/wp-content/uploads/2015/09/people_img_sp1.jpg

大西貴文さん
株式会社アップ
科学実験教室サイエンスラボ

豊中市新千里東町1-1-3
SENRITOよみうり4F
06-6155-3570
公式HP

Q:千里中央でのお気に入りスポットは?
A:ラーメン屋。たくさんあるので、色々なお店を開拓中です

Q:休日は何をしている?
A:科学に使える素材を探しに、お買い物に出かけています

  • 1000 FLOWERS LIFE メンバー
  • (仮称)千里中央超高層タワーマンションプロジェクト
  • SENRITOよみうり