千里中央発の花咲かそ!1,000FLOWERS LIFE

千里中央発の花咲かそ!1,000FLOWERS LIFE千里中央発の花咲かそ!1,000FLOWERS LIFE

http://1000flowers.jp/wp/wp-content/uploads/2016/01/main_img2.jpg

ばしょ

Leonidas
千里中央店

天野知之 さん


ベルギー伝統の味に魅せられ、
カフェタイムも楽しめる
チョコレートショップ

バレンタインのチョコ、決まりましたか?
上品な表情で並ぶレオニダスのチョコ達

このエントリーをはてなブックマークに追加

バレンタインデーが近づくと、やはりチョコレート。「今年はどんなチョコにしようか?」と頭を悩まされる方は多いのではないでしょうか。本命チョコ、友チョコ、そして義理チョコ。渡すチョコレートによって、大げさかもしれませんが、その“人”のセンスがわかりますから・・。深く考えれば、ちょっと大変!! 今年のバレンタインデー、もしまだ決まっていないなら、一度訪れて欲しいお店をご紹介しましょう。それは、千里中央駅前のSENRITO2階にある「レオニダス」。チョコレート好きなら、この名前をご存知の方は多いはず。カフェかと思えるお洒落な店内に入ると、可愛い粒チョコが上品な表情で迎えてくれます。SENRITOのオープンと共に、以前の読売文化センターから移転。千里中央店として新しくオープンしたお店です。

img_photo01

ベルギー王室御用達のチョコレート
全てがショコラティエによる手づくり

「レオニダスは、ベルギー王室御用達のチョコレートです。」と、同店責任者の天野さん。聞けば、“ベルギーで最も親しまれているチョコレート”とも言われている伝統のチョコレート。そこで、不思議に思ったのがお値段です。ベルギー生まれのチョコレートと聞けば、“高価”なイメージ。「レオニダスは、6粒で1000円くらい。それは、TVCMなどの広告にお金を使わず、その分を価格に還元しているからです。ココアバター100%、という高い品質もそう多くないです。」と、天野さんはその理由を語られます。続けて、「レオニダスは全てベルギー生産で手作り」とも。ベルギーのショコラティエが大切に作ったひと粒ひと粒が空輸され、お店に届きます。「その時その時で、大きさも違うんですよ。すぐ分かります。」とは店長の小岸さん。作品のように、ひと粒ずつ手作りをしているショコラティエの姿が目に浮かんでくるようです。

img_photo02

コーヒーやソフトクリームも人気。
カフェスタイルを採用

全国で28店舗目、関西では10店舗目となる千里中央店。ここでは、販売だけでなく、イートインのスタイルも採用されています。お店のコーナーにテーブルが設置され、コーヒーなどのドリンクメニューを用意。なかでも、レオニダスのテイストを知り尽くして提供されるソフトクリームが大人気。お子様から年配の方まで、幅広い層に親しまれているようです。また、季節ごとの限定メニューもあり、お客様を喜ばせるアイデアもいっぱい。コーヒーと一緒に、レオニダスをひと粒。それが初体験となり、レオニダスのファンになられる方もいらっしゃるに違いありません。「Wi-Fiが使えてコンセントも設置しているので、パソコンも気軽に使っていただけます」。駅前でありながら喧騒は全く感じられない、隠れ家的なお店。お仕事仕様にもぴったりのよう。バレンタインデーに贈ったら、次は店内でカフェタイム。王道のチョコを楽しみたいですね。

img_photo03

MAP

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://1000flowers.jp/wp/wp-content/uploads/2016/01/people_img_pc2.jpghttp://1000flowers.jp/wp/wp-content/uploads/2016/01/people_img_sp2.jpg

レオニダス 千里中央店

senritoよみうり 2F
豊中市新千里東町1-1-3
06-6872-7456
公式HP

Q:千里中央でのお気に入りスポットは?
A:セルシー広場

Q:休日は何をしている?
A:寝ています

Q:最近ハマっていることは?
A:美味しいもの探し

Q:好きな言葉は?
A:感謝

  • 1000 FLOWERS LIFE メンバー
  • (仮称)千里中央超高層タワーマンションプロジェクト
  • SENRITOよみうり